Varela Matsuri

Reproducir vídeo

Varela Matsuri 2020 

En estos tiempos tan difíciles que nos toca atravesar, quisimos aportar un granito de arena desde nuestro lugar, llevando entretenimiento a los hogares, para recordar y mantener vivo nuestro tan querido Varela Matsuri 🎌.
.
¡Gracias a todos por la difusión del evento y acompañarnos! ❤️ Se viene una semana llena de emociones, diversión y muchas sorpresas! 🎉
.
Comenzamos a palpitar el VARELA MATSURI EN CASA 🏠.
¡¡Bienvenidos!! .
Voz: Cacho Cresci @cachito_cresci_2020
Texto: Carlos Arasaki @carasaki10
Imágenes: @vareladesdeelaire @gerardo123fotos @alternativanikkei
Edición: Facundo Uehara @facundouehara
Traducción: Kai Iwasaki @kaikun_and_stitch

わたしたちが来たところからでは、困難はしっかりと眼を見て、立ち向い、挑戦するのです。そうやって親が、祖父が話してくれました。そのように見たり読んだりしてきました。わたしたちはの者であり、の者でもあります。ほとんどがフロレンシオ・バレラで、ブエノスアイレスで、アルゼンチンでと生まれましたが、みじめな目にあったにも関わらず芽生えた心はこのでしっかりと根付きました。戦争や原爆や災害に遇いましたが、七転び八起きと立ち上がりました。

流された血は水ではありません。
掲げられたこぶしは苦いです。でも、清くありません。このパンデミックはわたしたちへの試練です。火の中の金のように、わたしたちはどれだけの輝きを放てられるのでしょうか。
ここで少しの話をさせてください。瀬戸物のヒビや割れ目を金で次ぐ日本の伝統的な芸術です。要はヒビや割れ目などを隠さずに瀬戸物の一部として美しく見せるということです。ある詩人がこう言っていました。「傷は光が入るところだ」と。
今日はみなさんにこの「光」を見ていただきたいです。
今、わたしたちは再び出会えるためにここにいます。どんなに遠く離れていても、一緒にいることができるんだと見せるために。
こんな寒い中、本の小さな光です。
遠く離れ離れで抱き合うことは、まるで暗闇の中で手探りするかのようです。でも辛抱強く待ちましょう。どんな深い夜も夜明けはすぐそこだから・・・・・。
バレラ祭りはみんなで行いますが、今回は一段と特別です。なぜならそれぞれお家から行うからです。相手を思いやる心を忘れませんように。
ようこそ バレラ祭りへ!
#QuedateEnCasa
#VarelaMatsuriEnCasa
#SemanaMatsuri

Contacto
E-mail: ajfvarela@gmail.com
Dirección:Av. Eva Perón 715 Florencio Varela, Provincia de Buenos Aires – Argentina

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on email
Email
(Visited 41 times, 1 visits today)